不眠を解消する整体

睡眠中の姿勢は、日中の姿勢と同じくらい重要です。姿勢が悪い(猫背・巻き肩・反り腰)と、

体の特定の部位に過度な圧力がかかり、不快感や痛みを引き起こす可能性があります。この問題の核心は、寝具が体に対してどれくらい支持基底面を取れているかが重要になります。

支持基底面が十分に取れていないと体重を均等に分散させることができず、

特定の部位に過度な圧力がかかります。それにより血流の阻害や不快感の増加が生まれます。

デスクワーク中に長時間同じ姿勢を保つことや、ストレスの多い環境での作業は、浅い呼吸を助長する要因となります。浅い呼吸とは、胸部のみを使った呼吸であり、呼吸が浅く速くなる状態です。これにより、肺全体での空気交換が不十分になり、酸素供給が減少します

浅い呼吸は交感神経を優位にします。交感神経はストレスや緊張状態に反応して体を覚醒させる役割を持っています。交感神経が過度に活性化すると、副交感神経(リラックス時に働く神経)が働きにくくなり、リラックスできない状態が続きます。これが夜間の睡眠に悪影響を与えます。

交感神経が優位な状態が続くと、体がリラックスできず、深い眠りに入ることが難しくなります。浅い眠りが続くことで、夜間に十分な休息が取れず、睡眠不足を引き起こします。

浅い呼吸により酸素供給が不十分になると、全身の疲労感が増し、集中力や生産性が低下します。これがさらなるストレスを引き起こし、浅い呼吸が継続する悪循環に陥ります。

体温は睡眠と密接に関係しています。通常、就寝前に体温が下がり、深部体温が低くなることで眠りに入りやすくなります。冷えがあると、この自然な体温調節が妨げられることがあります。

手足の血流が悪くなると、体の中心から手足への熱の移動がうまくいかず、深部体温が適切に下がらないため、眠りにつきにくくなります。

冷えは血流の悪化と関係しています。血流が悪いと、必要な栄養や酸素が体の各部位に行き渡らず、疲労が蓄積しやすくなります。

冷えが原因で血流が悪くなると、体がリラックスできず、入眠が難しくなります。

冷えによる不快感や血流不全は、睡眠中に目が覚めやすくなり、深い睡眠を妨げます。

また、手足の冷えは内臓の不調と密接に関係しています。

内臓の機能が低下すると、血流が不十分になり、手足の冷えを引き起こすことがあります。

胃腸の働きが悪いと、体全体のエネルギー供給が不足し、血液循環が滞ることがあります。これにより、末端である手足に十分な血液が行き渡らず、冷えを感じることがあります。

心臓や血管の機能が低下すると、血液の循環が悪くなり、特に末端の手足に十分な血液が供給されなくなります。